Googleの被リンクスパム対策について

どうやら、自作自演のリンクが危ない・・・という話が、

本格的になりつつあるようです。



まぁ、ちょっと前から言わていた話ですから、

「とうとう、来たね・・・」といった感想を持つだけなんですが。



有名アフィリエイト商材である「LUREA(ルレア)」の特典でもあった、

ウェポンサイト(※後述)の利用も、新規登録が出来なくなるようです。



======================

【ウェポンサイト】

オールドドメインにて作られたWordPressサイト。

「LUREA」の購入者特典として自由に使えた。

======================



個人的な見解としては、“悪質なもの以外はセーフ”だと思っています。



・・・というか、どれだけ真面目に運営されているか?を、

Googleが目視で判断してくれるのであれば、

私が管理しているサイトで、ペナルティをもらうサイトは一つも無いはずです。



そういった流れ?からなのか、

商品名キーワードなどで、私の管理するサイトが、

軒並み上位に来ています。

(更新頻度の少ないペラサイトでも!?)



まぁ、キーワード上位が必ず、売り上げの多いサイトであるとは限らないわけで、

それよりも、キーワード+___が大事。



とあるASPの広告主さんにもアドバイスしてもらったのですが、

例えば、___の部分にネガティブなキーワードを入れて検索している人は、

基本、“買わない理由”を探している人だから、相手にしない方が良い、とか。



なるほどですね。



で、実験結果。



先日、購入したオールドドメイン(PR1になる直前の0)ですが、

インデックス化はされたのですが、PRが1にならずに居ます。



まぁ、近いうちになると思いますが、

元々の運営者さんが、フランス人の方だったらしく、

急に日本語になって、大丈夫かいな~?な感じです。



実験結果は、おいおい報告します。




カテゴリー: SEOって必要なの? | Googleの被リンクスパム対策について はコメントを受け付けていません。

ペラページとWordPressの検索結果対決

WordPressと通常ページが検索結果に対してどちらが有利か?



SEO的に整理されており、検索結果にも反映され易いのが、

ブログサイトの特徴でもあるのだが、ブログサービス出始め時に比べると、

最近は、いわゆる「サイト」と呼ばれるものも優遇されていると感じる。



むしろ、一時期の反動?とさえ感じるのだが、

ブログサイトがなかなか思うように検索結果に反映されない歯痒さを感じている方も多いと思う。



もちろん、RSSやping送信によって、最新の記事が検索に有効なことは有利であるが、

数日単位、更にその先になってゆくと、「サイト」が上位に表示されることが多くなってきた・・・という話。



当サイトをはじめ、WordPressの信者も多いと思いますが、

たまには、ペラ(単一)ページでも良いので、「サイト」を作ってみることをお勧めしたい。



ここ最近、新規サイトは、ほぼWordPressだった管理人だが、

ちょっと試してみたいことがあったので、ペラ(正確には3枚)のページを作ってみた。



同時期に、同じような内容のWordPressサイトを立ち上げた(数日早く)のだが、

その後のペラページサイトに、検索結果で負けている。



もちろん、単純に文字数などを比較することは出来ないし、

同じ素材で勝負しているわけではないから、あれだけど、

若干、文字数の少ないペラページが、検索結果で勝っている・・・という事象は、

私の頭の中を?マークで満たしたのと同時に、

今までの(いろんな意味で)WordPressが最高!とは、単純に言えなくなった次第である。



サイトの更新頻度というキーワードから言えば、

ブログに勝てないかも知れないけれど、

それ以外にはペラページサイトの良さもあるのかな?



もちろん、そのふたつの良さを組み合わせた結果が、

更に次の結果を生むことになるわけで、「どちらも使う」が正解かも知れないわけで、、、



まぁ、この事象については追記をすることにしますね。




カテゴリー: ペラページとWordPress | ペラページとWordPressの検索結果対決 はコメントを受け付けていません。

ドメインとサブドメインの関係性

主たるドメインとサブドメインの関係性についてちょっと実験。



メインとサブドメインの関係性は、

http://△△△△△.comというものメインに対して、

http://▲▲▲.△△△△△.comというもので、

サーバー会社や料金体系によって様々なプランがあるが、

メインドメインをひとつ取ると、いくつかのサブドメインも作ることができる。

例えば、ロリポップレンタルサーバーだと、

このサブドメインを300個ほど作れる。





また、細かい説明は省略するが、

サブドメインは、メインに対してのページとしても表示される。



故に、

①http://▲▲▲.△△△△△.comというページは、

②http://△△△△△.com/▲▲▲でも表示されることになる。



①のサブドメインとしてはトップページ扱いだが、

②となると、メインに対しては、下のカテゴリーに属するページとなる。



と、考えると、

メインのページがサブドメインのページにも、

何らかの影響を与える・・というような流れにもなりはしないか?と考える。



個人的な見解・感想としては、メインのドメインでは、

Googleのページランクが上がりやすい気がする。

(0⇒3というアフォな上がり方をしたのも、メインのドメインだった)



じゃあ、影響を与えたんか?と言うと、

それにはもうひとつの要素が関わってきているような気がする。



それは、ドメインエイジ(ドメインの年齢・取得より経過した年数)である。



Googleは、このドメインエイジに対しても、かなり重きを置いていると、私は感じている。

(3~5年くらいからいい感じに認めてもらえる)



だから、前述したメインがサブに与える影響というのを、

私のサイトに関連して括って見ると以下の様になる。



①PRは2だが、ドメイン取得後7年経過したサイト

②PRは3で、ドメイン取得後3年経過したサイト

③PRは3で、ドメイン取得後1年も経過していないサイト

④PRは0で、ドメイン取得後3ヶ月以内のサイト



これで、サブドメインへ与える影響を考えると、先ず④は論外。

PR的にもドメインエイジ的にも、何の影響も無いと考えるのは当然。



では、①~③で、どのサイトがサブドメインに良い影響を与えているか?



これは、①と②であり、③は残念ながらあまり効果が見られなかった。



①と②では、サイトの数が違うので断言できないが、

(①は50程度、②は10弱程度のサブドメイン数のため)

②の方に若干の分があるような印象を受ける。



また、基本と違ったイレギュラーなことが起きること、

そして、WordPressなどで作られた場合には、

使用するテーマによって、Google対策(と、呼んでいいのか?)を、

どの程度、プログラムに盛り込んでいるか、つまり最適化されているのか?に、

バラつきが無いとは言い難い結果になっていることも覚えておいて欲しい。



メインドメインとサブドメインが、親子の関係だとしたら、

トビが鷹を産むのはごく稀なことであり、

カエルの子はカエル(おたまじゃくし?)だということを肝に銘じて、

メインに対しては、真摯に、そして手を抜かない・・・ということが大事なんだろうね。





・・・というわけで、3つ(4つか!)のドメインで完全に、

トップが手抜きになっていた私は、トップの改築に時間を割いている。

(ひとつずつやるしかないんですけどね)



また、アフィリエイトに関連してメイン、サブを考えるならば、

ひとつのメインに対して、同じカテゴリーのサブドメインというのは、

有効であると感じますから、

メインが美容であるなら、サブも美容、

メインが車の買取なら、サブも車に関連したアフィリをするのが、

Google的、検索結果的には良い方向へ進む気がしますね。





さて、メインページを作るか・・・。





補足になるが、サイトの記事やページ内に記されたリンクと、

ブログのサイドバーに貼られたリンクでも、

リンクの質の差という状態に差があるような気がする。




カテゴリー: ドメイン・サブドメインの関係性 | ドメインとサブドメインの関係性 はコメントを受け付けていません。

Googleページランクが不安定?

Googleのアルゴリズムという物は、日々進化しているわけだが、

それらは、言わずもがな、「検索を利用する人のため」でなくてはならない。



これは、Googleという会社の収益の大半が、

広告費用が占めることを考えれば、当然の最優先事項ということになる。



「検索を利用する人のため」のアップデートというものは、

時に、「サイト運営側」にとっては、いじわるなアップデートになる可能性がある。



散々ネット上でも話題に上るパンダアップデートとペンギンアップデートも、

サイト運営側にとっては、減点法とでも言えばいいのか、

少し厳しいな・・・と思われた方も少なからずいることでしょう。



どちらのアップデートも簡単に言えば、

検索結果から特定のサイト、

例えば、コピペだけのサイトや何処かのサイトを模倣したサイトを、

除外するというものである。



ただ、ひとつ安心して欲しいのは、

まったく同じ文章がネット上に存在する時、

そのどちらが先に、(つまりオリジナルか?)ネット上にアップされたのか?ということを、

しっかりと認識している。



唯一言えることは、訪問者(検索して訪問する方)にとって、

そのサイトが有意義なものであるか、

内容がしっかり伴っているか?というものを判断しているのがGoogleということ。



だから、オリジナルの文章でしっかり作り込んであれば、

自ずと、検索結果において順位が上がることに繋がるわけだ。





で、件のアップデート以降、個人的に気がかりなのが、

ページランク(PR)の上がりが不安定なこと・・・これに尽きる。



ページランクとは、そのページを(Googleの検索エンジン的に)0~10段階で評価したもので、

(※0の前にランクされていない・・・という状態もある)

例えば、Yahoo!のPRは8で、CanonはPRが6である。



で、このページランクが上がることで、色々と恩恵があるわけだ。

・PRが高いページからのリンクを受けるとリンク先のページのランクも上がる

・ランクが上がると検索順位も上がりやすいため、上位に表示される・・・など



そんな大事なページランクではあるけれど、

ここ最近は、なんだか不安定だ・・・というわけだ。



私の管理しているサイトでも、ランクされていない状態⇒PR3とか、

大した記事もないのに0~1にすぐに上がるサイトがある反面、

精力的に更新し、オリジナル記事満載でもランクされていない状態が数ヶ月単位で続くこともある。



実際、コピペだけのサイトを作ってみたが、

案外それらは、0~1になったりしていて、意味が分からない。





オールドドメイン(ドメインの中古物件で元々PRが高い)を使ったサイトが、

相変わらず上位にいるわけだが、アップデートでハネられたものも多いらしい。



地道が一番と分かってはいるが、地道にやってもPRが上がらないと、

どうしても、裏技みたいなものに頼りたくなるのは・・・仕方無いですよね。



一喜一憂しないことが、最善手・・・なんて言っちゃうと、

ミモフタも無いのでしょうが・・・。


カテゴリー: GooglePageRankと遊ぼう!?, SEOって必要なの? | Googleページランクが不安定? はコメントを受け付けていません。

嬉CY!今朝のPageRank変動~Google

いつ頃?という正確な時刻までは分からないが、

今日、2月5日朝、色々なサイトのGoogleページランクが一斉に上がった。



今までと違う珍現象もあったので、ご報告。





先ず、0⇒3へと急激に上がったサイトがあったこと。



これは、極稀に起こることで、さほど珍しい感じもしないが、

多くが0⇒2という流れの中で、一気に3まで行ったのは嬉しい。



こちらのサイトは、とある専門学校のサイト。

力のあるサイト&数多くのサイトで宣伝記事を書いたので、

その点が評価されたのかも知れない。



いつも使っているページランク3のサイトからのリンクを忘れていて、

そのせいで、上がり方が遅いのかな?と心配していた。

(まだ、そこからはリンクしていない状態だ)



新聞記事などからのリンクもないし、

さして大きな外部よりのリンクは無い・・・

しかも、サイト自体とても簡単&独自ドメイン取得から1ヶ月と数日。



それで、一気に3まで上がったのは、やはり嬉しいね。



年末年始に頑張った甲斐が、ようやく形になった・・・ということか?





他には、0⇒2というサイトが2つ、これは去年の秋に作ったサイト。

そして、0⇒1というサイトが1つ、こちらは何故か最初?が嫌われていて、

0から1に上がる(今回のね)までに、1年と2ヵ月を要したことになる。

(1日に1000人ほど訪問者があるのに!)



今まで力を入れて、0⇒1が1年以上かかったのは初めてだ。



数日前から、とある単キーワードでGoogle検索2位だったので、

何か起こる気配はあった。(Yahoo!検索では3位)



しかし、まぁ、1ってのでも嬉しいよ、ホント。





そして、何より驚くのは、(オドロカねぇかな?)

今回、ページランクが下がったものが無かったことだ。



硬い3のサイトは、下がるとは思っていなかったが、

4のサイトが、もしかすると少し下がるかも・・・と考えていたから、ね。



ホッとしている。



もっとも、ここら辺のサイトは、全てオリジナルコンテンツばかりなので、

他と競合もしないし、検索エンジンに頼ってはいないわけだが・・・・。(汗)



ただ、脇を固めるサイトのランクが上がると、

相乗効果もあるし、新規サイトの検索エンジン受けも良くなるので、有り難いこっちゃ。





まぁ、途中、今回は下がっていないと書いたが、

ちょっとずつ、反映される日にちがズレ込むこともあるので、

今週一杯は様子を見たいかな?なんて思っている。



オリジナルコンテンツで勝負しているとか、

オリジナル商品、名前で検索・・なんてところには、

ページランクなんて、あまり関係の無い話なのかな?と思う。



浜松市を中心に創業25年にもなる宅配ピザ専門店であるPizzaTime。

ここのページランクが0だったのには、さすがに驚いたが!!



・・・それでも、いいんだね、きっと。






カテゴリー: GooglePageRankと遊ぼう!? | 嬉CY!今朝のPageRank変動~Google はコメントを受け付けていません。

クラウドSEOサービスという成果報酬型のSEO対策業者

クラウドSEOサービスは、成果報酬型の検索上位表示のためのサービス。



4ヶ月程度を掛けて、サイトの検索順位を上げます。

キーワードによっては、1週間程度で結果が出ることもあります。



GoogleとYahoo!のアルゴリズムは、

一昔前に比べると近く(似通ったものに)なったと言われています。



Gooleランクなどを見ているとなんとなく感じることなんですが、

サイトによって、かなり早くインデックス化されるものもあれば、

いつまでも引っ掛からないものもありますね。



先日も新規ドメインのサイトを作ったのですが、

あまり手を掛けずに半分放置状態だったのに、しっかりとインデックス化されていました。



うう~ん、どういうんだろ?

不思議。



一方で、作りこんだサイトがいつまでもインデックス化されないなんてことも多々あるわけ。

被リンクなんかの条件は、ほとんど同じなんだけど、ね。



単一キーワードでの上位表示は、簡単なものではないだろうけど、

地域に絞ったサービスを提供している店舗や会社は、

地名+商品名とか地名+サービス名で、十分に対抗できるから、やらなきゃ損だね。



地名+商品名とかだったら、外注するまでもなく、

簡単に検索結果に反映されたりするから、ね。



例えば、サイトのタイトル内に地名を入れる。

ホント、これだけでも簡単に上位表示されちゃいます。



なんのデメリットも無いから、

これくらいは自分でやってしまうことをおススメします。





遅れている業界は、簡単にこれだけで上位進出可能だけど、

やっている業界は、反対にかなりやり込んでいたりするから、

ライバルに差をつけたいなら、外注するのもアリだ。





上位表示させたいサイトURLと、

検索ワードを入力すると自動で無料見積りが出来るから試してみて欲しい。



結局、安上がりなのが分かると思う。









ちなみに、ダメな業者というのも存在する。

SEO対策と言いながら、自分たちの仲間の掲示板に宣伝するだけ・・・という、ね。



まぁ、これもひとつのSEO対策ではあるんだけど、

並びの中にはアダルト関係や怪しい仕事?なんかも並んでいるわけで、

検索結果にそれらが反映されていまう場合もあったり、

恩着せがましくメルマガに登録させたり、メールアドレスそのものを売買していることもある。



はっきり言って、こんなのは、SEO対策とも言えないし、

SEO対策業者を名乗り、胡散臭い感じを醸し出してくれるのは、いい加減にして欲しいものだ。



その点、クラウドSEOサービスを展開するクラウドSEO株式会社は、

会社設立こそ最近であるものの、

SEO最適化などに関しては、長い実績があるんです。



リンクモストとか運営していた・・・と言えば、ご存知の方も居るかも知れませんね。



心の何処かに止めておいて良いSEO業者だと思います。







カテゴリー: SEO対策業者あれこれ | クラウドSEOサービスという成果報酬型のSEO対策業者 はコメントを受け付けていません。

SEOって必要なの?

あまり小難しい話はしたくないので、さっぱりと。



本サイトは、他の同時期に始めたサイト、

若しくは、それよりも以前に立ち上げられていたサイトよりも、

Google受けが良いらしい。



何故だか、なんとなく、それは、推し量るしかないのだが、

記事ひとつ書いて、放置されていたのに・・・ね。



少し前に、パンダとかペンギンだとか、

可愛い名前が至るところで見受けられる事態が起きた。



いわゆる、パンダアップデート、ペンギンアップデートと呼ばれる、

Googleのアルゴリズム変動である。



これを一部の人間は、ペナルティであると考えていた様だが、

私の場合、大概のサイトで影響を受けていないし、

むしろ、歓迎したくなる様な効果もあった。

(アダルト関係には手厳しかった印象がある)



今回の大きなアルゴリズム変動だけでなく、

小さなアップデートは、かなりの頻度で行われていて、

何かの(例えばページランク)当落上にいる場合、

それらが行われたことは、しっかりと目視で把握できる。





さて、SEOというと、なんだかこういった検索エンジン対策といったものが取り上げられがちだけど、

実際のところ、そうではなくて、訪問者に情報を的確に届けられることが大前提になくてはならない。



これは、何もサイト制作者だけの意図ではなく、

検索エンジンを提供している側にとっても、同じ事を考えているわけだ。



双方共に、訪問者のことを考えているのだから、

スパムという行為は置いといて、誰も間違っていないということ。





で、サイト制作者として訪問者のことを考えたときに、

必要最低限のキーワードをページに盛り込む必要がある。



コレができていないと、検索に引っ掛かることが無い。



例えば、この記事の中にはYahoo!と言う言葉を使っていなかったが、

(ここで使ったけれど・・・)

そうすると、Yahoo!で検索をしても、この記事は絶対に見つからないというわけだ。





訪問者のことを考えて、キーワード設定をすることで、

新しい層の訪問者がやって来るから、結構、大事なんだけどね。





訪問者のためになっていれば、どんな変動も怖くないんだよ。

その為には、中身も無くてはならないんだけどね。





ビジネスで活用するなら、

そのサイトで何がしたいのか?という戦略が無くてはならない。



宣伝したいことを並べ立てるだけでは、何も見えて来ないからね。



趣味のサイトを作るのと、同じに考えているのなら、

ビジネスを趣味の域まで(集中や時間の掛け具合)高めてなんぼだね。





何がしたい?

そして、それを誰に知ってもらいたい?





カテゴリー: SEOって必要なの? | SEOって必要なの? はコメントを受け付けていません。

IPアドレス分散化のSEO重要度

■ IPアドレス分散化の重要度とは?



SEO対策上、リンク元のIPアドレスを分散することはとても重要です。

Googleの特許にリンク元のIPアドレスを分析し、

そのリンクがナチュラルなリンクなのか

作為的(不自然)なリンクなのかを判断するアルゴリズムがあります。



つまり、ナチュラルなリンクなら

IPアドレスも自然に分散されているはずだという考えのアルゴリズムが存在するわけです。



そして、クラスC以下で重複するIPアドレスを持つリンク元のリンク価値(リンクスコア)は著しく削除されてしまいます。





※さらに詳細なIPアドレス分散とリンクスコアの関係については、

123サーバー提供のレポートを参照ください。

http://www.123server.jp/ からダウンロードできます。





■ 123サーバーだからクリアできる問題



しかし、リンク元IPアドレス分散を実際に行おうと思っても、現実には、

費用面でとても負担が大きいだけでなく、日本国内のサーバー会社だけで

分散することは物理的な限界が存在します。さらに仮に100サーバーを契約した

場合の管理となると非常に煩雑かつ非効率なものになっていまします。



もう一度、整理すると



Ⅰ:費用面での負担が非常に大きい。

Ⅱ:現実的に国内サーバーでクラスC以上でIPアドレスを大量分散することは不可能。

Ⅲ:別々のサーバーを申込・維持・運営することのコスト



このような高いハードルが存在しました。

123サーバーはこれらの問題を解決するサーバー・サービスなのです。





ⅰ:費用は1サーバーわずか250円~という安さ

ⅱ:IPアドレスを最大1000までクラスC以上で分散可能

ⅲ:専用コントロール・パネルで一元管理



このような圧倒的な優位性を持ったオンリーワン・レンタルサーバー・サービスです。



■ 無料ツールは4種類用意しました



⇒ページランク一括チェックツール

⇒Yahoo被リンク一括チェックツール

⇒IPアドレス分散チェックツール

⇒ドメインエイジ・チェックツール



以上のツールは、弊社サーバーを利用中でない方も、

無料で使えますので、あなたのサイトチェックに自由にお使いください。







カテゴリー: SEO効果検証<IPアドレス分散> | IPアドレス分散化のSEO重要度 はコメントを受け付けていません。